レアル マドリード ユニフォーム チャンピオンズ リーグ

Cheers 2018-2019 シーズン終了時でスクデット回数35回を誇るイタリアで最も成功したクラブの一つ。 ※ノベルティは数量に達し次第終了。選手のパフォーマンスを引き出す「adizeroTM」テクノロジーを採用しており、通気性を高めるとともに、伸縮性や耐久性を犠牲にすることなく動きの自由さと快適性を実現する軽量性を実現した。

ボディーカラーのピンクは近年人気が出ている色で、強い印象を与えとてもよく目立ちます。 その服作りは黒を基調としながらも、身体と服の間に空気を纏うような太いシルエットが特徴的です。 しかしその一方で大きすぎる爪痕を残し、街にはヨウジやギャルソンの黒い服で全身を纏った若者たちが溢れ、「カラス族」と呼ばれるようになります。

当時ダークすぎる反抗を意味する色としてタブーとされていた「黒」を全面的に押し出し、ボロ切れのようなルックを展開し、「黒の衝撃」という波紋を呼びました。 さらに、両サイドのライン、肩の3本ライン、背面上部のラインも特徴的で、スポーティーで凝った印象のデザインです。 「黒」というタブーに真っ向から向き合った表現で、見事モード界に革新を起こしたヨウジ。

こちらは2014ssのルックですが、テーマは「雨に濡れたような服」で、テーラードスタイルの固定観念を破壊した斬新さがありました。 これまでもドレープやレイヤード、素材の変化などで、常識を破壊して創造してきたヨウジ。常にデザインの根底には反骨精神と言いますか、「脱構築」の意識が流れています。 これも当時の「身体に沿ったシルエット」という常識を覆すことになりました。 3、個人技の練習は自分でやる・・・せっかく個性が集まる全体練習で個人技の練習をするのはナンセンス。

その他の興味深い詳細レアル ユニフォームは、当社のウェブサイト上で見つけることができます。

Similar Posts