レアルマドリード 整列 ユニフォーム

特にビジャレアルは、今後の日本代表を背負うと期待されている久保建英が所属しているクラブになります。数多くの勝負所での得点は、ファンに大きな印象を残したでしょう。 2020-21シーズンも海外リーグで活躍している日本人選手は数多くいます。 そしてスペイン人の10代選手としては最高額の2700万ユーロでエルブランコのユニフォームに袖を通すことになった。

エル・ブランコが黄金時代と言われていた時代に選手と監督の両方として活躍したのがムニョスだ。 トップチームでの指揮はレアル・マドリード史上最長となる14年間にも渡り、選手と監督の両方でチャンピオンズカップ優勝を成し遂げた初めての人物。 カスティージャ上がりの有名な選手で言えば、ルーカス・バスケス、ナチョ・フェルナンデス、アルバロ・モラタ(ユヴェントス)、フアン・マタ(マンチェスターU)などなど数え切れないほどの名選手がいる。

エル・ブランコの選手として297試合に出場し、1954-1955シーズンにはリーガ・エスパニョーラにおける1試合の平均失点が最小のゴールキーパーに贈られるサモラ賞を獲得するなど守護神としてチームを支えた。 そこから2年間ラシン・クラブ・デ・フェロルに在籍し、そこで徐々に評価を上げると21歳の時にレアル・マドリードに入団。内戦の影響で選手が不足し、クラブ再建途中の時期に加入した選手だ。

キャプテン期間は長いわけではないが、キャプテンマークを巻いていない時代もチームを鼓舞し続けた選手で代表でも不動の左サイドバックとして活躍した。 キャリア晩年は度重なる怪我に悩ませれ、鎖骨骨折と謎の肺病に泣かされやむなく1963年に現役を引退した。 スタメンのセンターバックが怪我したときのファーストチョイスです。

現欧州王者レアルが築き上げてきた歴史の中に現代の英雄物語を見た山本は、龍と鳥の姿をあわせ持つ空想上の動物からインスパイアされ、レアルのスター選手が備える、龍のごとき強さと決意、鳥のような速さと抜け目なさをデザインに落とし込んだという。監督を務めた1973年までの間でリーグ優勝9回、コパ・デル・レイ2回、ヨーロピアンカップ2回。 ムニョスが在籍した10年でチャンピオンズカップ3回、リーガ優勝4回、コパ・ラティーナ2回の優勝を経験。

Similar Posts